税理士のコトの記事一覧 - 知らなかった!税理士のこと

知らなかった!税理士のこと

税理士のコト

税理士のコト | 10月11日更新

会社設立は簡単?難しい?

会社設立

会社設立しようと思っている方の中には、躊躇している方も多いのではないでしょうか。
会社設立に関しては、煩雑な手続きや申請も必要で、まったく知識がない状態で設立しようと思っても、躓くことが多くなってしまいます。
そこはしっかりと勉強してから会社設立を行うことが必要となってくるでしょう。
ただ、簡単か難しいかと聞かれれば、意外にも手順や流れは決まっているので、簡単だと言って良いのではないでしょうか。
当然ですが、まったく勉強せずに会社設立を行おうと思っている人にとっては難しいです。
勉強とは言っても、近年は会社設立に関する書籍や本も沢山出ています。
それらを活用して勉強しても良いですし、インターネットで情報収集すれば色々な方法を手に入れることができるようになっています。
そういう情報を集めていけば、まずは難しいということはありませんし、むしろ簡単です。

ただ、会社設立に関しては色々な機関に手続きや申請が必要となってきます。
管轄の税務署はもちろん、法務局や公証役場なども活用していくことが必要となるのです。
それらの点に関しては、やはり難しいと感じてしまうこともあるかもしれません。
1つ1つの作業を見てみると簡単なのですが、やはりやることがとても多いから、悩んでしまうという方も多いのかもしれません。
どうしても難しいのを避けたいということであれば、専門家に相談するのが良いです。
専門家に相談すれば、簡単に会社設立ができてしまいます。
もちろん、すべて丸投げするというのも良いので、会社設立で手間や面倒をかけたくないという場合には、専門家に相談してみるというのも良いのではないでしょうか。
ぜひ、上手に専門家の話を聞き、その上で対応してみてください。

なお、専門家と言っても色々な方がいるので、そこはしっかりと確認しておくべきです。
司法書士や行政書士は手続きや申請に強く、税金や年金や保険などお金に関することは税理士に相談するのが良いです。
どちらにしても1人だけで会社設立を行うよりは、専門家に相談した方が良いです。
その方がミスも減って、結果的に修正も減るのでスムーズに会社設立が可能となります。
色々な方が専門家に頼っているので、どうしても難しいと思った場合は、地元の専門家を頼ってみても良いかもしれません。
ちなみに、専門家に相談する際には無料で相談だけできるところもあるので、そちらに相談だけしてみるというのも良いかもしれません。

税理士のコト | 09月11日更新

法人だけじゃない!個人事業主が頼れる税理士とは?

会社設立01

今、日本の企業の中でもそれほど大きな規模でないにも関わらずアメリカの企業と取引したり、グローバルな関係を築いているところが増えていますが、これはどういった点が要因になっているのでしょうか?
ひとつあげられるのはインターネットの大幅な普及で、現在日本に限らずたくさんの企業がインターネットを有効活用しており、自社のホームページを作成するのは当たり前のこと、インターネットを通じて海外の企業と関係を持つことも容易にできてしまいます。

また、会社法の改正によって株式会社の資本金の設定がなくなりましたので、より会社設立もしやすくなりましたし、今後さらに若い起業家たちが会社設立する流れは加速していくことが予想されています。
しかし会社設立するにあたってある程度成果が出せることを予測できなければ、赤字経営が続いてしまいますので、まずは個人事業主からスタートしたいと考える人もいるでしょう。

個人事業主のメリットとしてまずあげられるのが税金に関することで、会社設立してしまうと法人税が発生しますから、これは毎年同じ金額を納め続けなければなりません。
もし赤字になってしまっても法人税だけは納めることになるので、あまり経営状態が良くないと税金だけどんどん取られてしまう結果にもなりかねません。

その点個人事業主は所得税になりますので、所得がなければ当然納める税金もありませんから、得られる所得によって納める税金は変化していきます。
ただし売り上げが高くなればその分納める税金も増えるので、メリットでありデメリットでもあると言えるでしょう。

それではどの段階で個人事業主から会社設立に踏み切ればいいのか?と言うと、これは意外と境界線が難しかったりします。
ただ継続的に利益が出せるようにならなければ安定は見込めないので、そこは注意が必要です。

税金に関することは税理士に相談するのが一番なので、個人事業主と言えども顧問契約できそうであればしておいたほうがいいかもしれません。
特にこれから個人事業主としてスタートするという人はビジネスそのものが未体験である可能性がありますし、税金についてあまり知らないと自分がマイナスになりますので、税理士に依頼することをおすすめします。

税理士は基本的に会計事務所で依頼できますし、個人でやっている人もいるので、まずは周辺エリアで評判のいい税理士を探してみて、合いそうな人を選んで相談してみるといいでしょう。

税理士のコト | 08月02日更新

怖くない!税務調査

会社設立

これから自分の会社を立ち上げ、ビジネスを展開していきたいと考えている人もたくさんいると思いますが、会社設立するうえで必ず意識しておかなければならないのが税金です。
税金に関するトラブルは個人・法人問わずいろいろなところで聞かれますし、その金額が大きくなればなるほど問題も大きくなってしまいますので、知らなかったでは済まされない事態にもなりかねません。

会社設立後の税務調査によって問題を指摘されるケースはけっこうあって、年間でおよそ30,000件以上に及ぶ調査が行われるだけでなく、全体の70パーセント程度が申告漏れを指摘されているそうです。
これだけ聞くととても不安になるでしょうし、どうすればそういった問題を回避できるのか気になるところだと思いますが、会社設立と税金の関係を正しく理解できていれば問題はありません。

まず会社設立後にかかる税金ですが、最初にあげられるのは何と言っても法人税でしょう。
法人税とは個人事業主でいうところの所得税にあたるもので、原則として課税所得の30パーセントが定められており、資本金1億以下の会社に関しては課税所得の800万円以下の部分は課税所得の18パーセント、上記を超える部分は課税所得の30パーセントと決まっています。

個人事業主の場合は所得に応じて大きく変化していきますから、所得が大幅に増えれば税金も大幅に高くなりますので、その点法人税は安定しているためメリットになる部分もあります。
次に法人住民税と呼ばれる税金もあって、これは会社が事業年度において稼いだ利益に対して課税を行う道府県民税と市町村民税を指しています。

ただし、東京都の特別区内のみの法人に関しては法人都民税だけとなっているそうです。
これは「均等割」と「法人税割」の2つから構成されています。

さらに法人事業税は所得400万円までが課税所得の5パーセント、所得400万円超から800万円以下が課税所得7.3パーセント、所得800万円超から課税所得の9.6パーセントとなっていますし、消費税も仕入れなどで当然発生します。
このように会社設立することによってさまざまな税金が関わってきますが、その特性を理解できていれば対応もしやすいので、税理士に依頼するなどして税務調査対策を早くからやっておくといいでしょう。

税理士は税金のスペシャリストですから、この点の対策には非常に強いですし、会社設立と同時に信頼できる税理士を見つけておくといいでしょう。

税理士のコト | 07月10日更新

いい税理士を探す方法

税理士も人間ですから、依頼人との相性があるとはよく言われることです。
また、税理士によって対応できる内容や知識量には差があるとも言われています。
どうせ税理士に相談するなら、できるだけ自分と相性が良く、知識も豊富な方を選びたいですよね。
そんなときに知っておきたい、いい税理士を探す方法をご紹介しましょう。
おすすめの税理士 ベンチャーサポート税理士法人
(さらに…)

税理士のコト | 07月10日更新

税金の申告業務とは

税理士に相談できる内容は、基本的に税金の申告業務です。
この専門家は税金のプロですから、これらの知識や実際の申告手続きなどは、特に得意とすることです。
むしろ、この申告業務は税理士以外の方は代行できないと、法律で決まっています。
この申告の代行を希望するなら、税理士まで相談するようになっています。
ですから、この申告業務について対応できない税理士は、ほとんどいないと思って問題はありません。
(さらに…)

税理士のコト | 07月10日更新

個人事業主が税理士に相談できる内容

税理士は大手企業などが利用するものというイメージはありませんか?
実はそんなことはなく、税理士は個人事業主でも利用できます。
個人事業主が税理士に相談できることとは、具体的に何でしょうか?
これは大手企業とそれほど大きくは変わりません。
(さらに…)

税理士のコト | 07月10日更新

起業のことも頼める!?

税理士に相談できることは、税金に関することが基本です。
しかし実際には、起業に関することも相談できる場合があります。
ここで相談できる内容とは、たとえば事業計画の立て方や、創業融資の利用方法、会社を作るならその手続きに関することなど、多くのことに応えてもらえます。
専門違いのように思えますが、実はそうでもありません。
(さらに…)

税理士のコト | 07月10日更新

依頼内容とはどんなもの?

税理士には、税金に関する何かを依頼する方が多いです。
自分で税金に関する手続きをしなくてよくなりますので、利用者からの評判はとてもいいですよ。
しかし具体的にどんなことを依頼できるのか、その内容がよくわからない方も多いでしょう。
いくつか例をご紹介します。
(さらに…)