税金の申告業務とは - 知らなかった!税理士のこと

知らなかった!税理士のこと
Home » 税理士のコト » 税金の申告業務とは
税理士のコト | 07月10日更新

税金の申告業務とは

税理士に相談できる内容は、基本的に税金の申告業務です。
この専門家は税金のプロですから、これらの知識や実際の申告手続きなどは、特に得意とすることです。
むしろ、この申告業務は税理士以外の方は代行できないと、法律で決まっています。
この申告の代行を希望するなら、税理士まで相談するようになっています。
ですから、この申告業務について対応できない税理士は、ほとんどいないと思って問題はありません。

ただし、税金にもいろいろな種類がありますよね。
正規の税理士なら、各税金やその申告方法は一通り知っていることが多いですが、特に専門とする分野は人によって違いがあります。
この点は基本として知っておきましょう。

たとえば、個人事業主や法人にかかる、所得税や法人税の申告に強い税理士がいます。
事業の経営によってどうしてもかかる所得税等の申告の手間を省いたり、あとで税務調査が来たときのリスクを下げたいときなど、このような税理士に相談するといいですね。

税理士に依頼できるこのような税金の申告業務ですが、同じようなものでも、税金の種類が変われば、対応できる税理士も変わります。
たとえば、相続税の申告に特に強い税理士もいます。
身内で亡くなった方がおり、その方から相続した財産に税金がかかるなら、相続税を特に専門とする税理士に頼むと確実です。

このように、税理士なら税金の申告業務を基本的に請け負えるものの、各税理士が対応できる税金の種類には、微妙に違いがあります。
この専門が違う場合、たとえば主に確定申告の代行を請け負っている税理士に、相続税の代行を依頼するといったことは、可能でしょうか?
この点は各税理士の対応によるものの、場合によっては専門が違うからと別の税理士を紹介されることもあります。
請け負ってくれる場合もありますが、その税金に特に強い税理士に比べると、対応できる内容が限られる場合もありますね。
その税理士が特に専門としている税金の種類は、事前に確認するといいでしょう。