個人事業主が税理士に相談できる内容 - 知らなかった!税理士のこと

知らなかった!税理士のこと
Home » 税理士のコト » 個人事業主が税理士に相談できる内容
税理士のコト | 07月10日更新

個人事業主が税理士に相談できる内容

税理士は大手企業などが利用するものというイメージはありませんか?
実はそんなことはなく、税理士は個人事業主でも利用できます。
個人事業主が税理士に相談できることとは、具体的に何でしょうか?
これは大手企業とそれほど大きくは変わりません。

たとえば税理士と顧問契約を結んでいる個人事業主もいますよ。
この契約を結んだあと、やってもらえるのは、毎月の訪問とそこでの対面相談、日々の取引の記帳代理などです。
決算期になれば確定申告も代理でやってくれます。
個人事業主からすると、税務に関する一切の手間を省けるわけですね。
これがお得かどうかは、税務に関する知識と売上規模にもよりますが、すでに事業が軌道に乗っており、ある程度安定した売上がある場合、税理士への顧問契約を相談する方も多いですね。

また、顧問という形ではなく、記帳と決算期の確定申告だけの代行も相談できます。
税理士との対面相談などは特に必要ない方は、このような相談だけを税理士にする方も多いですね。
顧問契約と違うのは、費用です。
税理士に相談する内容や、お願いする対応が増えるほど料金も高くなりますから、相談が特に必要なく、記帳や申告の代理だけでいい方は、それだけを頼んで費用を節約するわけです。

さらに費用を節約するため、記帳などはすべて自分でやり、確定申告の代理だけをお願いする方もいますね。
記帳について、最近は会計ソフトが便利になったこともあり、やり方さえ知っていれば個人でも十分対応できます。
起業した初年度のみ、税理士に記帳指導と確定申告の代理を頼み、翌年度から申告代理だけを頼むといった相談もありますね。

このように個人事業主でも税理士に相談をしている方は多いです。
また、税理士の方でも大手企業だけをクライアントにしているわけではありません。
中小企業や個人事業主を主なクライアントにしている税理士もいます。
そのような方もいますから、個人事業主だから税理士には相談できないということはありません。
個人事業をする中で、税理士に相談したいことがあれば相談するといいでしょう。