会社設立は簡単?難しい? - 知らなかった!税理士のこと

知らなかった!税理士のこと
Home » 税理士のコト » 会社設立は簡単?難しい?
税理士のコト | 10月11日更新

会社設立は簡単?難しい?

会社設立

会社設立しようと思っている方の中には、躊躇している方も多いのではないでしょうか。
会社設立に関しては、煩雑な手続きや申請も必要で、まったく知識がない状態で設立しようと思っても、躓くことが多くなってしまいます。
そこはしっかりと勉強してから会社設立を行うことが必要となってくるでしょう。
ただ、簡単か難しいかと聞かれれば、意外にも手順や流れは決まっているので、簡単だと言って良いのではないでしょうか。
当然ですが、まったく勉強せずに会社設立を行おうと思っている人にとっては難しいです。
勉強とは言っても、近年は会社設立に関する書籍や本も沢山出ています。
それらを活用して勉強しても良いですし、インターネットで情報収集すれば色々な方法を手に入れることができるようになっています。
そういう情報を集めていけば、まずは難しいということはありませんし、むしろ簡単です。

ただ、会社設立に関しては色々な機関に手続きや申請が必要となってきます。
管轄の税務署はもちろん、法務局や公証役場なども活用していくことが必要となるのです。
それらの点に関しては、やはり難しいと感じてしまうこともあるかもしれません。
1つ1つの作業を見てみると簡単なのですが、やはりやることがとても多いから、悩んでしまうという方も多いのかもしれません。
どうしても難しいのを避けたいということであれば、専門家に相談するのが良いです。
専門家に相談すれば、簡単に会社設立ができてしまいます。
もちろん、すべて丸投げするというのも良いので、会社設立で手間や面倒をかけたくないという場合には、専門家に相談してみるというのも良いのではないでしょうか。
ぜひ、上手に専門家の話を聞き、その上で対応してみてください。

なお、専門家と言っても色々な方がいるので、そこはしっかりと確認しておくべきです。
司法書士や行政書士は手続きや申請に強く、税金や年金や保険などお金に関することは税理士に相談するのが良いです。
どちらにしても1人だけで会社設立を行うよりは、専門家に相談した方が良いです。
その方がミスも減って、結果的に修正も減るのでスムーズに会社設立が可能となります。
色々な方が専門家に頼っているので、どうしても難しいと思った場合は、地元の専門家を頼ってみても良いかもしれません。
ちなみに、専門家に相談する際には無料で相談だけできるところもあるので、そちらに相談だけしてみるというのも良いかもしれません。